トップ

月極駐車場の常識

月極駐車場の基本を覚える

田舎の月極駐車場は無料に近い

田舎でもときおり人口が密集する地点があるので、第三者の土地を停車用に使う契約を交わす慣習は残っています。地域の場所を問わず今日でも通用する内容でありますが、都会と明らかに違うのは利用料金です。月極駐車場を田舎で利用する折に毎月支払うのは、小銭程度と決められているところが多々あります。運営者の生活の足しにならない事実があるものの、本業ではないからこそ成立します。わずかながらでも徴収が行われるのは、月極駐車場の利便性を高めたり景観を良くするなどの活動に費用が発生するからです。高所得者にとっては無料と言ってもおかしくないほどの価格なので、一定の利用者は確保できている実例が多いです。

田舎の土地価格と賃料

月極駐車場は自宅にマイカーを止めることが出来ない、スペースが確保出来ない場合に利用する駐車場で、毎月数千円から数万円の賃料を支払って借りる事が出来る駐車場で、契約を交わした後は決められた場所に止める事が必要になるのが特徴です。都心部などの場合、1ヵ月当たりの賃料が5万円や7万円と言った具合に、地方に在るアパートなどを借りるのと同じくらいの料金の月極駐車場が多く在りますが、都心部は土地価格が高いからであり、田舎などの地方は土地価格が都心部と比べると安い事からも、月額料金が5,000円と言ったケースも珍しく在りません。

↑PAGE TOP

Copyright © 月極駐車場の基本を覚える. All rights reserved.