トップ / 月極駐車場の基本を考える

月極駐車場の学び

月極駐車場の基本を考える

月極駐車場数は今や過多なのか

20年ほど前から日本では、空きスペースの有効活用として都会部での月極駐車場が増えました。帝国データバンクの調べでは月極駐車場の経営のほとんどは現在では黒字の経営とされています。それではこれからはどうなのか。若者の車離れが目立っていますのでいまから駐車場の経営は無理かというとそうでもないみたいです。これから必要性の高いシェアカーなどで駐車場も必要ですし、高齢者の移動手段としてはまだまだ車の活躍が予想されます。現在都心部を中心に一見すると駐車場数は過多と思うほどありますが、これからも需要は充分にあると考えます。

供給過多な状況の月極駐車場

都市部などの人口密集地域から離れるにしたがって、月極駐車場が供給過多となり契約率の減少が懸念されます。そのような中でも、他と差別化を図ることによって高い契約率を維持しているオーナーはどのような工夫をしているのでしょうか。それは環境の整備と管理体制です。捨てられたゴミを片付ける、雑草を処理する、ラインを引き直すなどの維持管理作業が行き届いている月極駐車場は契約者の安心感につながり、契約率の向上につながります。また、夜間照明や防犯カメラの設置などでセキュリティ面の質を高め、供給過多な状況の中であっても競争力があり、高い契約率を誇っているケースもあります。常に契約者の目線に立った運営を心がけることが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright © 月極駐車場の基本を覚える. All rights reserved.